QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
まいてぃ
まいてぃ
100%外国人講師・送迎バス有り(米沢市内、高畠町、川西町、南陽市)で忙しいお母さんも安心便利!!お問い合わせは「マイティスイミング倶楽部米沢」までどうぞ
オーナーへメッセージ

2015年05月28日

イギリスの誕生日の祝い方は?

みなさんこんにちは。Kozyです。

本人の許可を得て公表(!)しますが、今日はジェイムズ先生のお誕生日です。
先生お気に入りのスコーンを焼いて、苺とクリームを添えてお祝いしました。
誕生日なのでうきうきしているのかと思いきや、あまり浮かないお顔。
スコーンをかじりながら「自分も年をとったな~」とつぶやいてました。笑

今日はジェイムズ先生のフェイスブックのお友達から沢山バースデーメッセージが届いていました。
ただ、プレゼントを送ってくれるのはやはり家族や親しい友人のようです。

イギリスでは誕生日にはこれをする!というような習慣があるか聞いてみましたら、家庭によって違うので一概には言えない、とのこと。
「イギリス人は自分の誕生日にお菓子を職場や学校に持って行って配る」というのが結構よく言われるのですが、
ジェイムズ先生はしたことはないそうです。実際、英会話に来ている子供たちが自分の誕生日にお菓子を差し入れてくれたりすると、すごく驚きます。

それでも、一般的にはイギリスは日本よりもっと誕生日や結婚記念日、クリスマスなどの記念日を大切にしている感がありますがどうなのでしょうか。実際、ジェイムズ先生も子供の時、お父さんが結婚記念日を忘れないようにremind・・・リマインドしていたとおっしゃってます。
偉い子供ですね~

先生のことを別にすれば、イギリスはパーティーの文化が色濃い国ですから、子供の誕生日パーティーなどはけっこう凝った盛大なものを催すことも多いようです。パーティー大好きの私にとってはぜひとも行ってみたい所です。

とにもかくにも、はるばるイギリスから来て日本で英語を教えて下さっている先生の存在を改めて、ありがた~く感じた一日でした。

Happy Birthday!!

  


Posted by まいてぃ at 19:41Comments(0)スタッフの日常異文化体験

2015年05月26日

Guest room

みなさんこんばんは。

昨日の朝、ペンシルバニアに住む友人ご夫婦と電話でお話ししていました。
久しぶりに話す彼女は、腰が痛いと言っていましたが、相変わらずの素晴らしい人の好さで、私の日々の出来事や悩みを聞いてくれました。

今年の夏に、また訪問したいと思っていたのですが予定が合わないので、出来ればクリスマスに伺いたいといいました。
すると嬉しいことに、
「いつでも家に遊びにきてちょうだいね。家族の一員として迎えますよ」
と言ってくれました。

カナダに留学していたころも、お家にホームステイさせていただいたのですが、北米の家庭は、総じてとてもウェルカミング。
家にお客を泊めたりするのもよくあるので、ゲスト・ルームがどこのお家にも必ず一つはあるようです。

この方のお家のゲストルームは昔、娘さんが使っていたお部屋なので、女の子らしい可愛らしいお部屋でした。
またそのご両親のお家にも連れて行っていただき、そこでも泊めていただいたのですが、そこのお家も素敵なゲストルームが。

お部屋をカラーコーディネートするのも習慣のようで、お家を立てる時に、テーマカラーを決め、壁の色や家具、ベッドカバーやタオルまで同色系でまとめるのです。とても素敵です。


  


Posted by まいてぃ at 20:09Comments(0)異文化体験

2015年05月21日

Father Brown series

皆さんこんばんは。Kozyです。

中学生クラスに来ている子が、ティーン向けの探偵小説を待合室で読んでいました。

みなさんはミステリー小説はお好きでしょうか?

私は、シャーロックホームズは小中学生の時だいたい読みましたが、
そんなに読んでない方だと思います。
私の弟たちはアガサ・クリスティなども結構読んでいるのですが。

ジェイムズ先生は大変な読書家で、毎日何冊もの本を掛け持ち(?)してよんでいます。
もちろんミステリーもかなり読んでいるようです。
イギリスは、シャーロッキアンも多いのか、シャーロックホームズの続編を、ドイルでない、もっと最近の作家が何冊も書いて出しているんですって。でも、本物ほど面白いのはやはりなかなか出てこないそうですが。

普段読書をあまりしない私が、今取り組んでいるのがこの本。
ジェイムズ先生のおすすめ本です。
日本語で読んでいますが。笑
「ブラウン神父」シリーズの2冊目で、短編が12編も収められています。

ブラウン神父シリーズは、本国イギリスでは人気も高いようで、TVドラマなどにもなっています。

作者のGilbert Keith Chesterton(ギルバート・ケイスチェスタートン)
は詩人・随筆家・批評家などとしても活躍しているのですが、
推理小説、特にこのシリーズが彼の著作として有名で、シャーロックホームズシリーズを書いたアーサー・コナン・ドイルと同時代のため、よく比較して語られるそうです。

そのうち感想を書きたいと思います!
皆さんも機会だあったら読んでみて下さいね~


  


Posted by まいてぃ at 19:59Comments(0)スタッフの日常

2015年05月19日

そろばん=Abacus

みなさん、こんにちは。

今日、小学生Tの英語クラスをみていたら、abacusという単語が出てきてました。

ん、ん~~~??わたし、この単語しらないぞ~?

かすかに焦り。

フラッシュカードにのったabacusの絵を見てみると、
これでした。
そう、そろばんです~

なぜか、単語カードで、電卓 calculator のあとに、そろばん abacus という単語がでてくるんですよね。
日本の文化を紹介するのには覚えておくといい単語かもしれません。

ジェイムズ先生によると、西洋にもそろばんはあるけれど、今はだれも使わないので、普段の会話にabacus という単語が出てくることはほぼ皆無だということです。

ちなみに西洋式のそろばんはこんな形をしています。



なんか、子どものときこれでよく遊んでいたような気がしますね~
これでどういうふうに計算するんでしょうか。知っている人いたら教えて下さいね。

お詫びと訂正icon02

先日、かもしかのことを、ジェイムス先生が mountain deer だと言っていたのをそのまま信じてブログに書いたのですが、後でよくよく調べてみると、カモシカは名前に「シカ」がついているのでdeer だと思いがちなのですが、実はヤギの仲間で、
正式な英語名は

Japanese serow (ジャパニーズ・セロー)

というそうです。お詫びして訂正しますicon11



  


Posted by まいてぃ at 18:01Comments(0)オーシャンのレッスン

2015年05月15日

Romanian Coffee

みなさんこんにちは。

今日は暑いくらいの日ですね。こういう天気、私は大好きですが、みなさんはいかがですか?

熱いのが苦手なジェイムズ先生はすでに顔が赤いです。
熱い + 日焼け しているようです。先が思いやられます。

先日、友人からルーマニア土産にコーヒーをいただきました。
ルーマニアって、どこにあるかもなかなか思い出せない、ヨーロッパの小国ですが、話を聞いているととても住みやすい国のようです。
物価がとても安いんですって。また美人が多いことでも有名です。

わたしにとっては、ルーマニアは、有名なバレリーナ、アリーナ・コジョカルの故郷です。
コジョカルは小柄ですが素晴らしいダンサーで、私の永遠の目標。

ところでお土産のコーヒーの素敵なパッケージを開けたら、すでに挽いてあったのですが、それがとても細かい粉でした。

「ん~?これじゃコーヒーフィルター目詰まりしちゃうかな~?」という感じに細かい。

友人も、コーヒーのドリッパーは売っているのを見かけなかったと言っていました。
ルーマニアのひとはどうやってコーヒーを飲むのかしら?と思い調べてみると、トルココーヒーと同じように、小鍋に水と砂糖を煮立てて、コーヒーをいれて、濾さずにカップに移し、上澄みを飲むんですって。

やってみました。

コーヒーの粉を小鍋に投入したらジュワッと泡が経ちました。
濃い味で、おいしかったです。
ふだん、すごーく薄いお茶みたいなコーヒーを飲んでいますが、
たまにこういうのもいいな~と思いました。
私の友人でスリランカ出身の女性がいるのですが、スリランカのコーヒーも同じ飲み方だったのを思い出しました。
みなさんもお試しあれ。



  


Posted by まいてぃ at 16:39Comments(0)スタッフの日常

2015年05月13日

かもしか

みなさん、こんにちは。Kozyです。

去る日曜日、近くを散歩していたら、カモシカにばったり出くわしました。
小道を歩いていたら私から30m先くらい前を横切って行きました。
体高120cmくらいでしょうか。結構大きかったです。

追いかけて行って、「カモシカさんこっち向いて~」と声をかけたら、振り返って20秒ほどポーズをとってくださいましたので遠慮なく写真を何枚かとらせていただきました。

後で家族に、「危ないからそういうことはしちゃだめだよ~」と言われましたが。

カモシカは英語で何て言うのか、辞書で調べてみたら

Antelope

と出て来ました。しかしジェイムズ先生は、Antelope はアフリカにしかいないので、

Mountain deer がもっと範囲の広い言い方で、そちらの方が正しいと教えてくれました。

辞書も絶対じゃないんですね。

野生の動物は怖いこともあるそうですが、結構かわいいな~とおもっています。


  


Posted by まいてぃ at 17:08Comments(0)スタッフの日常

2015年05月09日

Mother's day 2015

みなさん、おはようございます!

明日は母の日ですね。皆さんはお母様に何を差し上げますか??
カーネーションの花、というのが基本だと思いますが、
私はカードと、北欧フィンランドのバスソルトのセットを買いました。

ジェイムズ先生はお母様に何を送ったか聞いてみると、
「もうとっくの昔におわりました。3月に花を贈ったよ」
との答え。あれれ?3月って、早すぎない???

「日本はアメリカと同じ母の日だけど、イギリスでは別な日が制定されているんだ」
へえ~。そうなんですか。
そういえば、3月中旬にお花をお母様に送ったという話をしていたかも・・・

イギリスでは、母の日をMother's day または Mothering Sunday
といいます。今年は3月15日でしたが、毎年日付は違っていて、前イースターのことをブログに載せた時にもでてきた、「レント(四旬節)」
の第4日曜日にあたります。

春のお花が咲き始める美しい季節ですね。
母の日には、イギリスではスイセンを贈る習慣があるそうです。

また、Simnel cake・・・シムネルケーキというケーキを食べるそうです。変わった名前のケーキですね。
Simnel は昔の人の名字だそうです。

歴史としては、イギリスの母の日の方が由来が古いですが、日本で現在取り入れられている母の日は、アメリカからきました。
ウェストヴァージニアの女性が亡くなった母を悼んで、広めたのがカーネーションを贈る習慣です。
しかし、実はアメリカからこの日が入ってくる以前にも、日本に母の日はあったんですって。
明治の末期ごろに日本に来ていたキリスト教宣教師たちが宣伝し、
当時の皇后さま(香淳皇后)の誕生日である、3月6日を母の日としていたとか。

みなさん、明日は普段忙しくてなかなか言えない感謝の言葉を、お母さんにかけて上げて下さいね!





  


Posted by まいてぃ at 14:21Comments(0)異文化体験

2015年05月05日

Tall!

みなさん、お久しぶりです。
ゴールデンウィーク、どのように過ごされていますか??
私は東京に一週間出かけてバレエ合宿をしておりました。

バレエをやっていると、海外、特にヨーロッパの先生方から教わる機会があります。
よく思うのですが、ヨーロッパは背が高い人が多いですね!

今回、オランダの女性の先生に教わったのですが、ブロンドのベリーショートヘアに、手足がすごーく長くてスタイル抜群な方でした。
身長が180cmだそうです。私は日本人の平均から見ても小さい153cmしかないので、並ぶと、大人と子供にしか見えませんでしたicon11

この方、オランダ第3の都市、デンハーグ出身です。
オランダは世界最高の平均身長を誇る国ですから、背が高いのもなるほど、ほんとなんだな~と。

オランダは英語で、Holland または Netherlands といいます。
デンハーグを英語でいうと、The Hague  といいます。

英語で会話していてよく困るのがこの「地名・国名」。
日本語表記や、原語と全く違う呼び方をしてたりするんですよね。
デンハーグにしても、「ザ・ハーグ」なんて、バンドの名前みたい?
英語の地名で、冠詞 The がつく地名はThe United States~など数か国しかないそうです。

話が逸れましたが、5月2日に、ロシア人バレリーナのマイヤ・プリセツカヤさんが亡くなったというニュースが話題になってます。
20世紀最高のバレリーナと称されたプリセツカヤさん、スターリン体制下を生き抜いた強い女性ですが、
彼女も背が高くスケールの大きなバレリーナでした。

かっこいいですね~。この方は70代になっても踊り続けていらっしゃった奇跡のような方です。
逆境の中、努力を惜しまなかった彼女を思えば、私の背が低いという逆境(?)も、その分他のところを磨いて乗り越えたいものです。
  


Posted by まいてぃ at 19:45Comments(0)異文化体験